そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

英語の学びって例えるとピアノの伴奏と似ています。

英語ってね、
1人ではできないこと。
子供が学ぶなら
側にいてあげたり
一緒に学んだり・・
関わってあげるって大事だなぁと
思うのです。

 

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

 

私自身は、ピアノが大好きで
大学院に行けるなら

ピアノの伴奏科にいきたい。
そう思うくらい

 

「奏者にピタッと寄り添い
奏者の力が最大限発揮できる
サポートができる」

ことに魅力を感じてました。

 

 

そしてこの
「ピアノの伴奏」って
子育てに似てるし、

英語の学びにも
通ずるところがあるなぁと
思うのです。

 

 

スクリーンショット 2018-04-21 5.35.57.png

 

伴奏とは少し異なりますが、

 

娘がピアノを始めてから
毎年発表会では連弾をしています。

 

今年も6月に発表会があるので
4回目。一緒に弾きます♡

 

今楽しく練習をしていますが

 

「息を合わせる」
「お互いをよく聴く」
「バランスを大切にする」

 

連弾をすることで
こういう力を自ずとお互いに
つけて行くことができます。

 

まるで「会話」ですよね。

 

1人ですることはできない。

 

だけど一緒に練習して
一緒に合わせてみるから

成果がわかって
成長がわかって
変化も見えてくる。

 

これ、娘だけが1人で練習しても
私が追いつかないと
曲にならない。

 

逆も同じ。

 

会話ってそうですよね。

 

日本語はお互いに毎日
会話の中で練習できて

 

日々軌道修正しながら
徐々に言葉が増えて行く。

 

だけどなんで英語は

 

子供が、1人で、教室に
学びに行くのだろう?

 

自宅でやるのだとしたら
なんで、親が、「教えないと」
いけないのだろう?

 

それよりも

一緒に奏でて
(会話して)いこうよ。

 

 

そしたら本当に
普段からお互いに
寄り添う力が
自然と芽生えていきます。

 

 

英語の学びを、

 

「伴奏」とか「連弾」に
例えて考えて見て欲しいなぁと
思います。

 

ここに、上手下手よりも

Together we’re one!

2人で1つ。

が大事です。

 

1人がでしゃばっても
足を引っ張ってもダメだから。

 

1分くらいの動画ですが
こちらぜひご覧ください♡

スクリーンショット 2018-04-21 5.50.43.png

https://www.youtube.com/watch?v=d416xA6kLRo&list=PLmkcOVa5wg5xaFkIN_dJ4isOON4XTj2Z4

 

楽しそうでしょう?

 

明日は、また違った切り口で
お伝えしますね。

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

 

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須