そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
感性について(Sense)

家で英語を取り入れるのに、ママパパの英語力は関係ありません!

フォニックス(phonics)を学べば、
そして、この3つが「あれば」
子どもたちは将来、自ら英語を習得する
力を身につけることができます。

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

日本人でも、例えばアメリカで生まれ育ったら
英語が話せるようになります。

 

その子が、他の子より才能があるとか
頭がいいからではなく

 

英語が飛び交う「環境」にいるから。

 

 

日本で、同じ空間を作ることは難しくても、
もっと英語に触れる時間は
作れないのでしょうか・・。

 

 

自宅でママ・パパと少しでも英語に
触れる機会があれば

 

もっと子どもたち、自然と英語に
親しむことができますよ。

 

 

学校で学ぶ「おべんきょう」英語ではなく
 

ママ・パパから学ぶ
「日常かつ心こもる」英語こそ

 

 

子どもたちには必要だと思います。

 

 

 

そんな環境を作るために

 

「英語力」が必要なのでは
ありません。

 

 

それ以上に、
ママ・パパにとって必要不可欠な
3つとは・・・

 

 

 

 

「あい(love)」

 

 

 

「楽しむこと(enjoyment)」

 

 

 

「継続(continued effort)」

 

 

つまり、

 

愛情注ぎながら
親子の会話を楽しみ続ける

 

 

そこにちょっと英語を入れてみる

 

 

そんな環境が整うだけで

英語が好きな子どもたちが
苦手意識を持たない子どもたちが

 

増えていくと思いますよ。

 

 

そんな日本の環境を
まずは「家庭」の中から
作っていきましょう。

 

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)