そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

フォニックスさえやれば、英語は大丈夫!

フォニックスさえしっかり学べば、
なぜbootsは「ブーツ」と伸ばして
なぜbookは「ブック」と短くなるのか
理解できるから、知らない単語でも
「読める」ようになります。

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

なぜbootsは「ブーツ」と伸ばして
なぜbookは「ブック」と短くなるのか

 

疑問に思ったことはありませんか?
(今、初めて疑問に感じましたか?)

 

 

この疑問を解決するのが

 

最近日本でも話題となっていて
アットホーム留学つうしんこうざでも
10月から取り入れている

 

フォニックス(phonics)です。

 

 

フォニックスをしっかり学ぶことで

 

1 正確な発音を学べます

2 初めて見た単語も「読める」ようになります

 

だから、自然と子どもたちの
「読みたい」「伝えたい」意欲に
繋がっていきます。

 

逆に、今の日本の英語教育で

「bootsはブーツで習ったから」
 

と、疑問に感じず
一つ一つの単語で覚えてしまうと

 

例えば brook など
知らない単語に遭遇すると

 

読めない・・
ブルックかな?
ブルークかな?

 

挫折とか苦手意識
繋がっていきます。

 

 

「フォニックスやらずして
英語の勉強をするのは酷だよ」

 

「正直フォニックス知らないで
どうやって英語が
できるようになるの?」

 

「フォニックスさえやれば
英語は大丈夫。それくらい大事。」

 

「なぜ日本の英語教育で
やらないのかが理解できない」

 

「フォニックスは
英語の基礎、土台!」

 

 

アットホーム留学プロデューサーとして
今までに何度か英語教育の専門家と
お話をさせていただき、
(日本人外国人先生含む)

 

全員がフォニックスの必要性を
おっしゃっていました。

 

 

私がフォニックスの資格を
取得したのは、今年の1月。

 

 

今年10月からは、

他では学べない!!

親子で!日常生活で!楽しく!
学べるフォニックスを
つうしんこうざで取り入れています。

 

 

巷にはフォニックスの
「テキスト」や「CD」が多々
販売されていますが、

 

日常生活に落とし込みづらいので
 

結局、

 

英語の「音」自体に
子どもたちが触れる機会が少ない
です。

 

 

 

親子で!日常生活で!楽しく!
フォニックスをぜひ
取り入れてみましょう。

 

「s」の音を学んだ時の
サンプル動画はこちら↓↓↓

 

https://youtu.be/kwtSW1EiJWU

 

アットホーム留学で、フォニックス以外にも
親子で使える英語のフレーズを
学びたい方はこちら↓↓

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)