そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
ゆとり英語サロン

子どもたちの「◯◯」を見れば学びの深さがわかる。

ゆとり英語サロン

子どもたちの学びが、浅いものなのか、
記憶の奥深くに残るのかは

子どもたちの「表情」でわかります。

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

昨日は、ゆとり英語サロン初沖縄上陸!

 

なんくるないさー
(沖縄方便で「なんとかなるさ」)
という生徒さんたちの言葉を信じて

 

知り合いはごくわずか
まだまだ無名なアットホーム留学なのに・・

 

生徒さんたちの
すばらしい応援と企画のおかげで

 

無事、満員御礼でゆとり英語サロン
終了しました。

 

 

始まった当初は、

 

・固まってた子
・「英語嫌いなんだよね」と伝えてくる子
・目も合わせてくれない子

 

「誰???」という警戒心が丸見えの子、
たくさんいました。

 

当たり前ですよね。初対面ですから。

 

 

だけど、サロン始まるとすぐに

 

・目の前まできてくれた
・英語、しゃべれるよ〜と単語を教えてくれた
・目をみてthank youと言ってくれた
・ねえ、みてみて〜と作品を見せにきてくれた

 

そしてサロン後

・いっぱいいっぱい戯れて(遊んで)くれた
・つぎはいつあるの?と聞いてくれた
・たのしかった、と言ってくれた
・全員が「キラキラの笑顔」で帰っていった

 

こんなに子どもたちから愛されるなんて、
本当に幸せでした。

 

 

子どもたちの「表情」を見ているだけで
安心しているのが伝わってきましたし、

楽しんでいることもわかりました。

 

そこで使った英語や、ママ・パパと過ごせた
時間は、覚えているだろう
思います。

 

 

楽しい、面白い、ワクワクする空間

英語が自然に「ぽん」と存在したら

 

違和感なく取り入れることができます。

 

何をしたらいいかわからず
固まってた子もthank youというんだと
わかってくる

 

恥ずかしかった子も、
信頼できる先生とわかったら
本来の性格が即見えてくる(やんちゃ!)

 

英語に触れたことなかった子、
違和感感じて拒否感あった子も、
ジェスチャー付英語で会話がなりたち
笑顔になる。

 

 

 

ものごとを学ぶ相手は、

警戒せず、100%信頼している相手
であること

 

好きな相手であること

 

楽しいと思える空間で学ぶこと

 

必須条件なのです。

 

 

その距離が一番近いのはママ・パパですが
 

そのためには、小さい頃から

いかに子どもたちとの関わりを深めているか

 

が大事になってきますね。

 

アットホーム留学つうしんこうざは
親子の絆が深まる7つのフレーズを毎月
テキスト、動画、音声でお届けしています。

 

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

 

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須