そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

ここ重要!英語教室を選ぶ際の8つポイント【8−7】

【2019年お年玉特別企画】

まだ読み書きができない
主に未就学児のご家庭&

親子プチ英会話を
家庭で取り入れたい方向け

アットホーム留学つうしんこうざ
1月14日まで当月コンテンツ無料↓↓
http://at-home-study.com/orderpage?0109wp

 

 

【お年玉特別企画第二弾】
近日中に公開!お楽しみに〜

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

英語を母国語としない国の
英会話教室とかって
どのようになっているか
ご存知ですか?

例えばイタリアで英語を学ぶなら?
韓国で学ぶなら・・?

海外でどのような学び方を
しているかって知るのも
大事ですね。

さて、日本は、というと・・
やはり圧倒的に
2020年の教育改革のことで

「とにかく『今』から
スタートしなさい」と
促しているところが圧倒的に
多いですが、

タイミングだけの
問題ではなく、


「冷静にお教室等を選ぶポイント」

 

焦せらせるような言葉で
不安から申し込みを
決めないよう

 

 

大事な点をお伝えしていきます。

今までのおさらい。

8−1
日本語を理解できる
スタッフ/先生がいるか。
そしてそのスタッフ/先生が
授業や子供の状態を
把握しているかどうか。

 

8−2
少人数制かどうか

8ー3
お教室の時間以外に、
子供に時間の余裕はあるか

8−4
スタッフ/先生から親に
フィードバックがあるか

8−5
家で進捗を確認する
時間が取れるか

8−6

子供が目的意識を
持ってやっているか
(小学生以上)

 

今日は特に
「焦り・不安から
スタートして欲しくない」
という部分です。▼▼

 

 

・ママも目的意識を
持っているか

 

必要と言われたから。
教育方針が変わるから。

これは、Change(変化)に
身を任せて、
受け身になっています。
この場合、結果
「ずっと振り回される」
ようになってしまいます。

Change(変化)は
自ら行うもの。
こういう結果を得たいから、
こういう状態になりたいから、
英語を学ぶ/学ばせる

というママなりの能動的な
目的を持ってchange(変化)
させていくことが
ものすごく大事なんです。

そこに、昨日もお伝えしましたが
「子供の目的」もあって
初めて、上手な英語教室の
選び方・選択の仕方が
生まれてきます。

お互いの目的意識を
知っているからこそ、本来は
子供だけが教室で学ぶ
形ではなく

 

親子で英語を
楽しく学べるようになる

 

のが理想ですよー!

 

アットホーム留学つうしんこうざ

明日が最後!
ここもキモですので
お楽しみに!

 

 

【2019年お年玉特別企画】

まだ読み書きができない
主に未就学児のご家庭&

親子プチ英会話を
家庭で取り入れたい方向け

アットホーム留学つうしんこうざ
1月14日まで当月コンテンツ無料↓↓
http://at-home-study.com/orderpage?0109wp

 

【お年玉特別企画第二弾】
近日中に公開!お楽しみに〜

 

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)