そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

これからの英語の未来を真剣に考えよう。

1年に15時間英語に触れる。
トータルで考えても
1日未満ですけれど・・。
 
 
 
アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。
 
 
ママとこどものための
新感覚おしごとモデル
「アットホーム留学ティーチャー」
に関する7日間の無料メールセミナー
172934.jpeg
↓↓↓
https://at-home-english.com/teacher7step/?0514wp
 
 
続々とご登録いただいております。
16日までの期間限定なのと、
早くに登録した方が情報を得られるので
きになる方は今すぐポチ。
してくださいね!
 
 
2020年英語教育改革に向けて
学校教育は
大きく変化していきますが、
 
 
アットホーム留学生だけを見ても
9割型、移行期の対応が
スタートしています。
 
 
 
まず言えることは
 
子供が言葉を覚える際に
「日本語が先で英語はその後」
 
 
なんて悠長なこと
言ってられない時代
だということ
 
 
そして、今まで通り、
「英語の勉強」だけでは
何とかならない時代
 
になっていきます。
 
 
 
まだ見えない先のことだから・・
ではなくって
本気で今から行動しておかないと
 
困るのは子どもたちです。。。。
 
 
 
今は3、4年生
1年間で最低15時間の
外国語活動とありますが、
 
 
15時間って
存在を認識する程度に
止まります・・。
 
 
 
だけど求められてる英語力って
そんなもんじゃないんですよ・・。
 
 
結構そのギャップに
苦しんでしまう子が
多いかもしれません。
 
 
 
15時間は最低ラインなので
時間数を増やす対策を
学校側も行っていますが、
 
英語の授業時間を増やすために
 
 
子どもたちが楽しみにしていた
2泊3日のお泊まりを1泊にしたり
 
お昼休みを少し削って
時間を当てたり・・

 
 
子供の楽しみを奪いながら
英語の授業に当てていくのは
 
 
 
英語そのものに苦手意識より
英語の存在に嫌悪感!
が生まれてしまうかも・・。
 
 
 
そんな時代には
 
 
 
英語をただ教えるだけじゃなくて
英語を「楽しい」と
思ってもらえる環境を
手渡せるオシゴトって
 
とっても将来性が高いですよね。
 
 
しかも、これからの時代に問われる
「活きた英語」には
 
 
学校で学べる受験英語ではない
「アットホーム留学」の英語が
適応しやすいんです。
 
 
なぜかって、アットホーム留学は
英語だけを抜きに出さず、
これからの子供たちに必要な
思考力・想像力等をベースにしてるので
英語以外の学力等にも活かせるから♡
 
 
 
これから子供たちが
生き抜いていくためにも
 
 
英語の未来は
 
私たち親のあり方に
かかってくると思っています。
 
 
幸せな(英)会話
親子から始まる
愛のある(英)会話を
手渡していくオシゴト

ご興味のある方は
無料メールセミナーに
ご登録くださいませ。
 
 
 
明日はアットホーム留学スタイルの
英語についてもう少し詳しく
お伝えしますね。
 
 
16日まで!

ママとこどものための
新感覚おしごとモデル
「アットホーム留学ティーチャー」
に関する7日間の無料メールセミナー
172934.jpeg
↓↓↓
 
 
 
 

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

 

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須