そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
感性について(Sense)

アットホームインタビュー(後半):Tokyo International School (TIS) 理事長  坪谷郁子先生

英語の学習は根性入れて学ばないと・・
簡単に学べるような魔法の粉はありません。 

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

昨日に引き続き、

子どもたちの未来を変える
「アットホームインタビュー」

お届けしたいと思います。

Tokyo International School
(TIS) 理事長 

坪谷郁子先生

 

長年英語教育に携わっているから
わかること

 

実際、ご自身のお子様二人を育てて
経験しているからわかること等

 

すごくお忙しい先生なのに、
インタビュー前後、トータル4時間以上も
お話をいただきました。
(共感共鳴の嵐でノンストップでした・・)

 

今日は彼女の言葉をそのまま
(抜粋してご紹介します)

 

↓↓ここから。

 

語学の学習は根性入れて学ばないと・・
魔法の粉はありませんよ。 

 

受験とかではなく、
日常英会話レベルまで達するのに、
ざっくり2500時間かかります。
(学校で学べるのは約1000時間)

 

ピアノと一緒で、練習と学びは比例します。

 

日本人は、英語を学ぶのが
下手なのではなく、
絶対数が足りないんです。

 

 

週1回英会話学校で補えませんよ。
2年間通ってても、
話せないのは当たり前です、
圧倒的にたりません!!!

 

日本の1000時間が、果たして
時間にカウントできるのか、
という問題がありますよ笑 
中身が問題ですね。

 

「マキ:発音が苦手なママ・パパに
一言メッセージを・・・。」

 

発音なんて、何が一番いいかなんて
誰も言えないんですよ。

 

たいしたこっちゃない! 

有名な人とかでも、発音がヘビーで
分かりづらい人もいますしね。

 

日本語を考えてみたときも、
文法的に、正しく話してますか?? 

おそらくめちゃくちゃかもしれません。

 

文法的に正しく話してるか否かなんて、
 

特に親子の関係の中では
関係ありません。

 

 

文法なんか考えていたら、
特に英語に関しては完璧にしなきゃ、

なんてありません!

 

クラスで使うイングリッシュを
クラスで徹底して学ぶような感じで、

 

家で使う
”おうちイングリッシュ”

 

を作ってみたりすると
いいのではないでしょうか?

↑↑

坪谷先生ありがとうございます!

 

明日は坪谷先生とのインタビューの
まとめと、動画のご紹介します。

 

おうちイングリッシュ=まさに
アットホーム留学!ですね。

 

学校での英語量では
確実に「英会話」の学びは
足りないからこそ、

 

「おうち」をどう変えていくかが
今後の大きな課題に
なってくると思いますよ!

 

親子の会話を1往復、2往復と
つなげていくのに、

 

そしてそこから
子どもたちが自ら学ぶ力を
育むのに、とっても大事なのは
ママ・パパの「しつもん力」です。

 

自宅で子どもたちの英語力が伸びる
ママ・パパの「しつもん力」セミナー

第2期は1月からスタート!

 

どんなことを学べるの?
私の英語力でできるの?

 

知りたい方は↓↓↓

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)