そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

槇原敬之さんの「僕が一番欲しかったもの」とアットホーム留学の通ずるところは?

ものがたくさんあることが幸せと
感じる人が多いけれど、

ものが無くてもずっと消えないような幸せが
本当の幸せだと思いませんか?

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

今日で4月も終わり、
明日から新しい月がスタートします。

アットホーム留学つうしんこうざも
明日から新コンテンツが
ダウンロード開始
となります。

 

さて、昨日ご紹介した

海外ボーイズバンドBlueの 「the Gift」

 

この楽曲を彼らに提供したのは

槇原敬之さん

 

そして、彼自身、この曲の日本語版を

「僕が一番欲しかったもの」という曲で
後にリリースしています。

 

日本語版もまたとってもステキで

 

「僕のあげたものでたくさんの人が
幸せそうに笑っていて
それを見た時の気持ち」

がステキなもの=一番欲しかったもの

 

としているのです。

 

 

アットホーム留学をスタートしてから
本当に紆余曲折いろいろありました。

 

めげそうになること。
くじけそうになること。

 

これでいいのかな・・と不安になること。

 

それでも、変わらず貫いてきたのは

愛たっぷりに、とにかく
アットホーム留学を
全力で伝えていくこと。

 

そしたら、

 

英語が好きになった。
子供との距離が縮まった。
心が軽くなった。
子育てが楽しくなった。
自分らしく生きられるようになった。
笑顔が増えた。
感情が豊かになった・・・。

 

数え切れないほどの感動が、

返ってきているのです。

 

これこそまさに、

 

私が欲しかったもの。

 

子どもたちの笑顔。
ママ・パパの笑顔。

 

これが増えていくこと。

 

そのためのアットホーム留学なのだと。

 

槇原敬之さんの歌、そして
Blueの歌を聴いていると

 

勝手に、アットホーム留学を
応援してくれているような感覚にも
なるのです。

 

 

ものが無くてもずっと消えないような幸せ
得られるようなアットホーム留学

 

これからも愛いっぱいに届けてまいります。

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

 

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須