そうだ!親子で(英)会話しよう!アットホーム留学!
アットホーム留学

《1分動画付》子どもの前で連発したくない「言葉」とは?

お金、運、ご縁、境遇、これは
人それぞれですが、万人に平等に
与えられているものはなんでしょう?

 

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

 

先日、娘と発表会でピアノの連弾をしました。

「ママ、ドキドキするね。」
「うん、とっても。ドキドキしたら、
どんなきぶん?」
「うんとね、ワクワクして、おどりたくなって、
ニコニコしちゃうの!

そっか、彼女にとって、
ステージの上でドキドキする=緊張ではなく、
ワクワクしてしまうのか。。。

すでに感情の違いが歴然の中、
連弾をしてぴったりと息が合う理由は・・・

 

親子だから阿吽の呼吸でできる、、では
決してありません。

私が音大卒だから、、
でも決してありません。
(演奏科ではなかったですしね。)

 

その理由は・・

 

圧倒的に数をこなし、
経験値と比例しています。

弾き方のくせ、流れ、ちょっとスピードが
速くなっていくパート、
ちょっとお互いの指が重なる場所・・・。

いっぱい練習をして経験していたから、
理解しているから、結果として、息が合うのです。

 

https://youtu.be/d416xA6kLRo

 

正直、確実に「多忙な」生活を送っています。

 

娘も朝7時から登園。

お迎えした後も、私は19時半頃まで
Skype英語レッスン。

 

その後ご飯を食べて、お風呂に入るまでの
わずかな時間が

 

ピアノの時間でした。

 

時間がない。

 

これこそ、子どもの前で連発したくない言葉。

 

時間は1日24時間、だれにでも平等に
存在するもの。

 

だからこそ、「ない」といって
本来できることもやらないのではなく、

 

時間は「ある」。

 

時間は上手に「使う」ものだと
時間は上手に「共存する」ものだと、

子どもたちにも小さい頃から
体得してもらいたいと思っています。

 

 

ピアノに向かい、「そのための時間」として
練習にあてることが必要で、

 

英語の学びと違って、
いつでもどこでもできるものでは
ありません。

 

 

しかも、私たち親子にとって、
一緒にいられる貴重な時間なのです。

 

だから、とことん寄り添って、
とことん楽しむ、
親子の絆を深める時間
するのです。

 

経験値を増やすことで、
自信も出てきて、信頼も芽生えます。

 

何かを犠牲にするのではなく、
辛い思いをするのではなく、

 

楽しみながらこなしていくことができます。

 

 

これ、子育てでも言えること。

 

「言わなくてもわかるでしょう」
「ママの言うこと聞きなさい」
「これはこうと決まっているのよ」
「時間ないし、余裕ないから、一人でやって」

 

という一方的な子育ての仕方ではなく、

 

日々お互いに向き合い、

寄り添うことで「伴走」ができる。
寄り添うことで「個性」が光る。
寄り添うことで「信頼」が生まれる。

 

音楽、という一つの表現のツールを通じて、
親子の絆はまた深くなったかな・・・
と感じています。

 

これが

 

アットホーム留学の原点でもある
親子の在り方です。

 

アットホーム留学では、

 

これからますます「必須」になる英語も
 

苦しく学ぶのではなく、
子どもたちだけが孤独に学ぶのではなく

 

親子で一緒に学び合うことで

 

英語の学び以上の学びや気づきを

得ていただけるような環境を
ご提供できればと思っています。

 

ちなみに、普段はこんな親子です。
Skype英語レッスンの直後の二人。
根底に常にあるのが「人生楽しむ」です。

音声付365日メルマガ!1日3分スマホで学ぶ「感性を磨く子育て英会話」

目と耳から英語と感性が学べる! 現役ママ、サンシャインマキの 音声付!1日3分スマホで学ぶ  『感性を磨く子育て英会話』
(auの場合は、HTMLメールが送れない可能性がありますので パソコンのアドレスをおすすめいたします。)

 

メールアドレス ※必須
名前(名) ※必須