「環境の整え方」PDFダウンロードURLをメールにお送りしました!

届いていない場合は、恐れ入りますが
迷惑メールフォルダまたは
メール設定をご確認ください。

ご自宅での「英語環境」を
整えるのに
オススメはこちら↓↓

 

がむしゃらにガンバるだけでは英語は上達しない!

学校や塾、英会話教室に任せておけば
マニュアルもしっかりしてるから
なんとかなるだろう・・

と思っていませんか?

 

私はこの考えに
真っ向から反論します。

2020年の英語教育改革に向けて
たとえマニュアルがしっかりしていても

教える側、教わる側、
それをサポートする側・・
全ての環境が

整っていなければ、

 

マニュアルの良さが
発揮されることは
ありません。

 

もはや、英語だけを「抜きだして」
学ぼう、勉強しようとするのはもう
時代遅れです。

 

英語を「お稽古」や「お教室」のように
とらえて、
やめたり諦めたりするもの
時代遅れです。

 

ただがむしゃらに、やみくもに
「英語」の時間を増やしたり
教材を買い漁ったりするのではなくって、

 

「こころ」×「英語」×「環境」
  心   ×  技   ×  体
    =子供のミライ


この方程式を

いち早く

理解し、段取りを立て、実践すること
ブレることなく、継続していくこと

これが、何より大事になってきます。

英語の「軸」と「目標」を持つ家VS持たない家

一回一回のテストや点数に一喜一憂し、
子供が嫌がったら都度悩み
発音に悩み、
伸び悩み、焦り・・諦める。


だけど諦めても英語はついて回る。
また始める。
続かず悩む。


の繰り返し。

 

 

時間とお金をかけてきたのに・・と
子供を(無意識に)責めたり、

 

もっと友達と遊びたかったのに・・と
子供も思ってたり・・

 

 

家族のなかで「英語」に限らず
学びにおける「軸」と「目標」
あるかないか。

 

それが明暗を分けるとしたら


どちらを選びますか?

 

そして、この「軸」や「目標」を
親子でシェアしながら
一緒に学び続けられる環境があれば

学びも深まるし
親子の英会話を楽しめるきっかけが
増えると思いませんか?

 

 

アットホーム留学は

大量生産的に「作り出す」とか
ブームとして
「広める」「広まる」ものではなくって

 

のある個々の家族に
ゆっくりと浸透し、
根付いていくものだと思っています。

 

子どもの成長と共に成長していくため
時間はかかるでしょう。

 

だけど、
子どもたちのミライのために、
今から「家族一緒に」
取り組んでいけることで

家族がずっと笑顔で暮らしていける。

 

いま、少しためらっているその一歩を
踏み出しさえすれば、
もっと視界が開けた将来を
描いていけると思いますよ。


ご自宅での「英語環境」を
整えるのに
オススメはこちら↓↓